2019.10.01

小学生に福祉用具体験授業を実施しました

9月20日(金)に市内の陶鎔小学校で地域包括支援センター川口さん主催の福祉用具体験授業を実施しました。

高齢者の心と体を理解をするため、ビデオや劇を通してわかりやすく説明し、劇では、養護老人ホーム竹の里や包括支援センターの職員の方などが、耳が聞こえづらい人と話すときの話し方や、認知症の方が外出されて道に迷っているときの接し方などを実演されてました。

高齢者疑似体験では、専門の道具を使い聴覚視覚コーナー、着脱コーナー、車いすコーナーに分かれて実際に高齢者の体になるとどんな感じになるのか体験していました。

小学生たちは楽しみながらもいろんなことを感じ、考えていて、自分のおじいちゃんやおばあちゃんのことを想像している小学生が多く「帰っておじいちゃん、おばあちゃんと話してみる」「困っているおじいちゃん、おばあちゃんがいたら助ける」などの声も聞けました。

 

 

はちおうじ就職ナビ 車椅子屋社長日記  HFA Hachioji Future Association ケイアイ採用ページ
フォームでお問い合わせ PAGE UP

Copyright(c)K&AI CORPORATION CO.,LTD. All rights reserved.